忍者ブログ
司法書士受験生から、ベンチャー企業の会社員へ。就活を終え、ついに新生活突入!
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書こうと思ったことがあったんだけど、さっきニュースを見ると
ロッテが、FAの噂がある小笠原の争奪戦に参戦する・・ と。

やっぱり、小笠原は日本ハムの小笠原でしかない・・というのが本音。
日本ハムの顔だし、正直、日本ハムに残って欲しいと思ってます。

ロッテの強烈なライバルとして「日本ハム小笠原」は今後も立ちはだかる
存在でいて欲しいんです。

でも、仮に、万が一ロッテに小笠原が来るようなことがあるのなら
ちょっと貧相だったロッテ打線にどっしりと大きな軸ができます。

3番福浦・4番小笠原か、2番福浦・3番小笠原・・という流れになるのでは。
いくら打順をコロコロ代えるボビーでも、この軸はブラさないでしょう。

福浦の一塁の守備はプロ野球界で一番ウマイかも、と思っているので
小笠原は三塁を守ることになるんじゃないかな、と思ってます。

では、三塁が定位置だった今江はどうなるという問題が出てくるけど
こうなったら、今江を二塁にあてはめるしかありません。

今年の今江の成績は、正直期待はずれで、ショボかった。
残念ながら、まだ主軸を任せられるような成績では無いので、もう一度
他の選手と競争させながら、彼に刺激を与えたほうが良いと思います。

では、二塁レギュラー候補だった青野・根元はどうなる
今江と競争か、手薄な外野にコンバートするというのはどうでしょうか。

打てる外野手はいるけど「守れる外野手」は、ロッテは異様に少ないです。
秋のキャンプから鍛えれば、来春までにはモノにできるのでは。

可能性は少ないけど、小笠原が来ると、ロッテ内は大シャッフル
起こる予感があります。それはそれで、楽しみですよ。
PR
今日は充実した1日だったなぁ

新宿にある人材紹介会社に行って、面談をして来ました。

採用の面接とは違い、ざっくばらんに和やかに話が進んで
いくつか、自分の経験や特性に合いそうな職種を紹介してもらいました。

「こういう仕事もあるのか」「自分にはこういう可能性もあるのか」
と新たな発見も多く、勇気ももらいました。

自分ひとりで調べると、視野も狭くなりがちで、気付かないことも
たくさんありました。今回のようなエージェントの方と仕事を探す方法も
アリですね。今後の見通しがちょっと見えてきたような気がします


久々の新宿だったけど、今日行った新宿駅の新南口・南口方面は
比較的人の流れが落ち着いている印象を受けました。

ワーワーと騒がしい事も無く、ゆっくりできそうな喫茶店も何軒か
見つけました。高島屋自体も、客層が落ち着いていて、好印象です。

スーツを着ると、気持ちが引き締まりますね。
駅のトイレでつぶやきましたよ。

「頑張れ、オレ。」と。
捨てる神あれば、拾う神あり、と言ったところ。

以前面接したトコはダメだったんだけど、先ほど、新たなトコから
面接の連絡が 明日は人材紹介会社に行ってくるので、ちょっと光が
見えてきたかも と前向きに

明日は久々の大都会:新宿だぁ



さて、横目に日本シリーズを見ながらパソコンをしてるわけですが
ドラゴンズ、どうしちゃったのかな~と思う戦いぶりですね。

落合監督の采配も冴えないし、たぶん「何でかな~」と掴み所が無く
原因もイマイチ分からないまま負けている気がするね。

シーズン中とは違って、投手起用もスカッとしたものを感じない。
昨日も負けてても3点差だし、勝ち試合のセットアッパーを出しても
良かったんじゃないかな。昨日に限れば中田続投でしょ。

スタメンの選手も、ベテランが多いせいか、ハムのような迫り来る怖さを
感じない
んだよね。妙に腰が据わり過ぎてる感じもするし、「さぁ、やるぞ!」
というギラギラ感が無い。

キャリアに関わらず、流れを変えられる思い切りの良い選手がいれば
また違うのかも。去年までは大西とかいたけどね。
(大西はGに移籍して先日引退)

あと、昨日も終盤に満塁で井上という場面があったけど、井上には悪いけど
あそこで初芝のような取って置きの代打はいないものか・・とも。
(確かに井上が当たっているので、交代は無いとも思ったけど)
DHが無ければ、代打立浪とか盛り上がる局面になりうる展開ですよ。

ヒルマンとかバレンタインとか、外国人の監督はそういう盛り上げ方が巧い。
ヒルマンは代打田中幸雄というカードがある。これは大きい。

今回、ここで引退するのは新庄だけじゃない。
ドラゴンズの川相だって、このシリーズで引退するんです。
川相を使えば士気もあがると思うし、シリーズも盛り上がる。

だったら何故スタメンで使わないのか。荒木が元気ないのなら
1番井端・2番川相でガチンコでも十分イケると思うんだけどな。
「いつもどおりの野球」なんて言ってないで、臨機応変な采配も
短期決戦は必要でしょ。

ドラゴンズのポイントは川相ですよ。

(と言ったら荒木が気迫のヘッドスライディング!これですよ、これ)
若干、体調を崩し気味です。みなさまはいかがですか?
明日ものようです。徐々に気温も下がってきました。

昨日は神宮球場に大学野球を見てきました明治×法政戦です。
先週は神宮第2球場で高校野球秋季大会を見たし、アマチュア野球の
面白さに気付きつつあります。

大学野球(六大学)は、早稲田が前節で優勝を決めたため、消化試合
だったんだけど、応援にも熱が入っていて、面白い試合でした。

その応援。母校愛というのかな、プライドのぶつかり合いを感じたな~
特に六大学は全て伝統校で、脈々と受け継がれてきた伝統の重みを
ちょっと感じました。(応援についてはmixiのanko日記参照!)

野球の方は、ロッテが注目している法政の大引のプレーに注目!!
六大学の首位打者ということですが、コンパクトなスイングが特徴的でしたね。
ラッキーな打点があったり、ライト方向に逆らわずに流し打つあたりは
「巧さ」も感じました。オリックスの谷のようなタイプかな。

その大引の活躍もあり、法政は着実に加点。完璧な勝ちムード。
明治は度重なるバント失敗や、けん制アウト乱発で、典型的なダメ野球を展開。

「おいおい、名門の名が廃るぜよ」

雲行きが怪しくなり、バッティングセンターに行くという任務が残っていたため
我々は途中で退場。「今日は法政の勝ちだな」

今朝の新聞で結果を見たら明治勝利

熱い。熱すぎる
前回ブログが中途半端に終わったので、続きを少し。

先日、彼女から「EQ~こころの知能指数」という本を借りて
それを読んでるんだけど、ここにヒントがあるかもしれん。

「心の教育」という言葉が本の中にあったけど、これかな。

小学校のころ、「道徳」という授業が週1回あったけど、あの時間が
今思うと、結構大事だったのかな、と思ったりしました。

でも、いじめって、たぶん無くならないと思うんです。
やっぱり、助け舟とか、理解者がいないと。それで乗り越えていかないと。

もし、自分の子どもがいじめに会って自殺されたら、もちろん
いじめた連中を恨むと思うんだけど、その思いより、我が子のSOSに
どうして気づかなかったのか、という後悔が一番大きいと思う。

どんな方法であれ、その難局を乗り越えられたら、その子はすごく成長すると
思うし、強い子になると思うんです。
何故そのようなことになってしまったのか、という客観的な眼を持ちつつ
我が子に非がある場合だってあり得るので)
共に立ち向かっていける親でありたい。

小中学生のいじめって、結構陰湿だからね。
中には、家族ぐるみでやる時だってあるだろうしね。困ったもんだ。

僕も高校時代、いじめ・・じゃないけど、嫌な思いをしてヘコんだ時期があった。
犯人はクラスの中の数人なんだけど、他のクラスの仲間や部活の仲間が助けてくれた。

そこの世界では叩かれても、別の世界は違う。認めてくれる人がいる。
そう思うだけで、ずいぶん救われたな、と思うし、大人の世界でも
共通することだとも思う。



カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
たけぞー
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
素材提供:Fine 素材提供:chanomi photo by hanamaru.