忍者ブログ
司法書士受験生から、ベンチャー企業の会社員へ。就活を終え、ついに新生活突入!
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まさか、今朝の段階で、夜にさいたま新都心を走り回るとは
想像だにしませんでした。

人材会社経由の企業の結果待ちのため、独自の応募を再開。
とある企業の求人に、応募書類の提出期限が書いていなかったので
その企業に問い合わせてみたら

「急な話で申し訳ありませんが、期限は明日までです」

さぁ困った。一気に刺激的な一日に。急ピッチで書類を仕上げます。

方法は速達しかない。夜の19時半、近くの郵便局へ。
ここなら、遅くまで時間外窓口が開いている。
しかし、非常な通告をパートのおばさんから受ける。

「申し訳ありませんが、明日への速達はもう間に合いません

僕も必死だったため『他に可能な郵便局は無いか』と、色々聞いた結果
【さいたま新都心】という意外な地名が出てきた。
PR
大相撲では朝青龍がまたまた優勝したようで。

その話をankoに振ったら「私は千代の富士が好きだから」と
バッサリ。千代の富士を知ってるあたりが恐るべしanko。

今日は待望の某所のウエディングフェアへ行って来ました

予約した試食も本番と全く同じで本格的。シャンパンやワインも飲めて
お得感倍増。我々の中では警戒心の強いローストビーフも美味。
(ローストビーフ事件については後日。)本来あるべきローストビーフでした。

その後は2つの異なるチャペルで、それぞれの模擬挙式を見学
モデルのカップルは、今回のための急造カップルだと思われるのに
新郎モデルが新婦モデルのホッペに普通にチューしてました。プロだ
お口あんぐり

そんなトコばかり見ていたわけではないです。模擬だけど、演出が本格的
なので、様々な場面に、何度もグッと来てしまいました。

法律の勉強で学んだことだけど、個人はそれぞれが最高の価値を持つ存在です。
それぞれ個人には、それぞれのドラマを経て、「その日」を迎えるのです。
その個人同士がそれぞれの「愛」を誓い合う式なのです。

もうこれ以上は文章で表現できません。それだけ感動的な瞬間が
「結婚式」にあるのだと思います。

その後は、引き出物コーナーで試食三昧我々の得意分野へ。
話を聞き流したり、そそくさとブースを回るカップルが多い中、試食でモグモグ
口を動かしつつ、全ブースで熱心に担当者の話に耳を傾ける我々の存在

担当者にとって、神的存在だったことでしょう。

我々も、調子に乗って全ブースのパンフレットをもらってしまい、身動きが
取れなくなってしまいました。

続きはまた今度!
今日は人材会社にて、マネージャー研修を受けてきました。

本来は、管理職に就く人が対象なんだけど、担当の人に勧められ
3時間半の長丁場を何とか乗り越えて来ました。

僕を含めて参加者は2名。ほぼマンツーマン状態の問答形式。
間髪入れず繰り出される質問に、どうにか頭を捻って答えを絞り出す
そんな3時間半でした。

僕の場合、すぐに管理職を経験するわけではないけど、早いうちから
人をまとめる立場の人はどうあるべきか、という心構えを学べたのは
貴重な体験だったし、「部下」としても、実務に活かせるな~と思いました。

あと、担当の人から、「法務」の仕事を紹介されました。
この手の職種はほとんど経験者採用なので、未経験の僕には無縁か
と思ってたけど、今回の案件は未経験でもOKのようです。

面接対策も含め、今まで勉強してきた司法書士の範囲だけでは心許ないため
新たな知識も少し入れつつ、会社法の勉強を再開する良い機会です。

今までの流れを変えるためにも、挑戦しようと思います
一昨日のニュースだけど、驚きました。

精神科の大御所的な存在で、自己啓発系の著書は数知れず。
実際お会いしたことは勿論無いけど、僕の「心の師」でした。

この場を借りて、ご冥福をお祈りいたします。

司法試験・司法書士の受験勉強中、幾度と無く、斎藤さんの本に救われました。

精神的に追い詰められた時、結果がなかなか出ない時、イライラして周りに
八つ当たりしそうになった時・・気が付けば、斎藤さんの本を噛り付くように
読みあさりました。僕の本棚には斎藤さんの本が10冊近くあります。

享年が90歳。年や経験を重ねたこそ言えるような言葉も著書の中にあり
若輩者である僕にはイマイチ理解し難い表現もあるんだけど、僕なりに思うのは
「ココロの広さ」は斎藤さんに近づけたいな、ということです。

仕事も、私生活も、人間関係も、ココロに余裕があれば、円滑に進む。
そのヒントを、斎藤さんは教えてくれました。

「そんなに頑張らなくてもいい」的な表現は、捉え方によっては「甘え」に
繋がる・・と、斎藤さんを遠回しに批判しているような本も中にはあるけど
多分、「ココロに余裕を持った状態で、全力を尽くせ」という事を、斎藤さんは
伝えたかったのではないでしょうか。

斎藤さんで思い出したのは、ankoからも、何冊か斎藤さんの本を
借りているということ。そして、未だに返していないということ。

これは、まずい。
昨日のドラフト、ロッテは予想外の指名だらけで驚きました。

僕の予想はことごとく外れたわけだけど、僕が直感で欲しいと言った
亜細亜大の糸数君は「何故指名しなかったのか」という一部ファンの声もあり
なおさら残念です。ドラフトについてはまたの機会に。

人材会社を通じて応募した企業は、現在選考待ちのため、就活は小休止。
先週の水曜に引き続き、今週も、派遣のバイトに行って来ました。

薄暗い倉庫の中で、同じ仕事を黙々と繰り返すこの手のバイトですが
先週・今週と、仲間や環境に恵まれ、楽しく和やかに仕事が出来ました。

その象徴的な光景は、昼休みに、社員それぞれが、ゴルフの練習や
テニス、ウォーキングなど、好きな事をのびのびとやっていたことです。

朝礼では「適度な緊張感を持って、楽しく仕事をしよう」と所長が呼びかけ
所長の穏やかな性格が、この会社の雰囲気そのものといった感じでした。

仲間の方々も、固定メンバーで固まって行動するのでは無く、僕らのような
新参者にも積極的に話し掛けてくれて、楽な気持ちで仕事ができました。

というわけで、あっという間に時間が過ぎていきました。

就活中の複雑な心境の中、こんなことをせざるを得ない微妙な状況の中で
ココロ穏やかに仕事が出来たのは、ホント助かりました。

所長から、派遣のメンバーがここで仕事をするのは、今日が最後
ということを告げられました。今日が派遣の最終日だったのです。
ちょうど今日に仕事を入れたのはラッキーでした。

この現場で働くのも最後なんだし、これを機に、この手のバイトを卒業したい
気持ちです。

今回は良かったけれど、派遣のバイトの仕事は、人間らしい営みとは思えないし、もうコリゴリです。

とにかく早く仕事を決めたいです。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
たけぞー
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
素材提供:Fine 素材提供:chanomi photo by hanamaru.